メダルのこととかうんたらかんたら
おお、拍手ありがとうございます!!
お礼ってランダムのがいいんでしょうか。


魂を見ててメダルの記憶のことについて触れられてたので、
何となく考えてみました。

まとまってないグダグダ&信頼の長さ!(
正直、自分でも何が言いたいか良く分かってません;
もう考え過ぎて頭パーンてなりそうなので、スパッと投稿!

ちょいちょい下書きでストックしてるので、記事のURLがめちゃくちゃかと思われます;
まあ一番困るのは自分なんですが!!(
魂や無印など、アニメメダロットでは主にメダルの「記憶」について扱ってる事が多いですね。
逆に、復元については少なく、ヒカルのメダルくらい。
それも、完全には復元できてないので完全復元は難しい?
逆に、ゲームではメダルの復元について言及されることが多いですね。
1、4、あと5もかな。
こちらはシリーズが進むと復元する技術を博士たちが持ってて、復元は可能になってます。
2度壊れたメダルも復元できるようなので、技術はかなりのものっぽいですね。

DSではかけらからの復元と記憶の操作2つが取り上げられていたので、興味深い…
というか、つまみぐい感がぬぐいきれない感じが。
私の中では、DSはまた設定を新たにして考えないといけないかなーって思います。
ほんとにDSは考察をややこしくしおってからに!!(


さておき。
こうみると「メダルが魂」という設定は、取り返しがつかない分
アニメの方がより強く感じる気がしますが、実際は割とそうでもないというか。
ていうか「メダルは魂」と高らかに言ってるのが「魂」の作中で目立つのですが、
その主張が台本通りのセリフという印象しか受けないんですよね、あのアニメだと。
そもそも、一般発売されている「メダル」はメダロット社が製造・販売してるもので、
良く言えば従順、悪く言えば個性が薄く「替えがきく」わけですよ。

元々、メダロットは「おもちゃ」として販売されてます。
その由来や製作者・研究者の意図はひとまずおいといて、世間一般に対して、です。
なので、普通の人たちの感覚としては、メダロットは「広義の」友だち(もしくは家族)、「愛着のある」おもちゃという感覚は決して間違ったものではないと思います。

実際、一般市民のメダロットの個性にどれだけスポットが当てられてたかというと、結構少ない。
アニメでは特に、イッキなどの主人公や、その周りのレギュラー陣以外のメダロットはほぼ口答えもしない主人に尽くすロボットという印象しかないんですね。
漫画は、4でただマザーに操られる存在だったのか悲しかったですが、
ところどころに生活に溶け込んだメダロットの様子が見受けられましたし、
ゲームはのらメダロットが多く登場します。
アニメに関しては、この話のメダロットはこうだった!な反論があるかと思うんですが、
やはり世間のメダロットのほとんどは「人間の」
現在に至るまでの紆余曲折があったとしても、基本はみんな従順です。


これまですごいひどいこと言ってますけど、まだ続く。
メダルにはレアメダルというものがあります。
このレアメダルの自我が非常に強い&人の言うことに簡単に従わないという性質がメダロットをメダロットたらしめているような気がします。
これに関しては特にイッキが顕著なんですけど、彼ですら当初は「メダロットは人間の言うことを聞いてしかるべき」みたいな考えを持ってました。
セリフの節々にそれが見える。
いわんや、世間をや。
なので、立場的な人間>メダロットは世間の根底にある考えだったのだと思います。
ただ、主人公たちがイレギュラーなだけで。

そして、そのレアメダルと一緒に過ごすことで彼らは成長するのですが、
やはりメダロットに対する気持ちの面で素質…素養があるがゆえに、
互いの成長も著しかったのではないかと。
歴代主人公がメダルと出会ったのも、偶然ではないですよね。

やや今さらなんですけど、レアメダルって自我が強いのと同時に、その強い自我…強大なエネルギーを持て余したがゆえに成長しきれていないメダルだという気がしてきました。
博士たちはメダロッターを育てると同時に、メダルの方も育てようとしたのだと思います。
漫画だったら対マザー用兵器みたいなブラックな考えを持っちゃいますが。
おそらく、自我が強すぎるレアメダルを育てるために素質のある子供を探した…
そのために、メダロットを世界に浸透させた…と考えてみました。
少々想像が過ぎますかね。

メダロットが単なるお手伝いロボットではなく、戦えるように作られたのは、たぶんその方が「売れる」からです。
おもちゃなどでもそうですが、試合やバトルにそのおもちゃが必要であるというフィールドを作ってやった方が、お手伝いロボットとして売り出すよりもっと売れやすくなると思うんですね。
「ロボトル」をするためには「メダロット」が必要。
ならば、メダロットを買うしかないじゃないですか。
何より、子どもが欲しがる。
男の子は競って戦わせるし、女の子はパーツでお着替え。
そんな販売戦略が思い起こされます。

しかし、「メダロットはおもちゃ」そう売り出し、作りだしながらも、
博士たちがもっとも望み、かつ理想とした形はやはり歴代主人公たちのあり方ではないかと思いました。
彼らを全面的にサポートし、見守っているのがいい証拠ではないでしょうか。
漫画の4なんかね、イッキとメタビーがいつもどおり一緒にいるってだけで
月のマザーに対して「自分たちの正しさ」を示せるところにまでいっちゃったからね。
最近読み返すと、ほんとにあれはすごいと思います。


私、DSでものすごく嫌いなシーンがありまして。
メダベースボールでアズマがジュウにお弁当を買いに行かせようとするシーンです。
ここ、批判されてたのがほとんどアズマやジュウの扱いのひどさな気がしたんですが、
私はアズマがメダロットを使いっ走りにしようとしたことが非常に腹立たしいわけで。
ここで、ほとんどのメダロットはマスターの言うままにお弁当を買ってきたと思うわけですよ。
それをあのシーンの後ろに見ちゃったんですよねー…。

でも、ジュウはそれに反論した。
だから結局は一緒に買いに行ったわけですが…あれは主人公がしちゃいかんだろうと。
たとえ尻馬にのった流れだとしても、サクラの言葉にはスカッとしましたもん。
シナリオ担当のメダロット観が後ろに見えた気がして、なんかもうダメでした。
メダルの扱いもなんか色々アレでしたけど、メダロットはかけがえのない存在なんだよ!!
制作陣には「メダロット=友だち」の基本を忘れないで欲しいです。


いろいろ考えましたが、結局まとまらなかったので終わる!
うう、中古パーツやメダルの初期レベルについても書きたかったんですが
今は無理だー。


追記を閉じる
スポンサーサイト

【2010/08/22 02:33】 | 考察もどき | トラックバック(0) |


ムック本のような
都市伝説のようなものだと思ってください。

メダルはウィルスのようなものかもしれないと、ふと思ったので
ぶっつけで書き殴ってます。
相変わらず長いのでたたむ!

メダルはメダロットの脳にあたります。

漫画版メダロットではメダロットは数を殖やし、最終的に他の生命体を
駆逐させてでも繁殖するのが目的でした。
つまり、メダロットもしくはメダルは、生殖能力があるってこと…でしょうか。
他の動物に寄生、または意思を支配したうえで増えても、結局増えてるのは
寄生した動物なわけで。
本来殖やしたかった種が増えているわけではない。

また、一見してもメダルに生殖能力があるとは考えられません。
金属片と核で出来た、膨大な情報と記憶の集積体です。

で、すごい怖い考え。
メダルはこの世界でのウィルスのようなもので、単一生殖が出来るのではないかという可能性。
そして、人間が元のメダルを模倣してメダルを製造し、販売・流通させていること自体が、
メダルの「種としての増殖」を担っているのではないか?
メダルには体がなく、また体さえなければ動けないという、非常に不利そうな形状ですが、
逆に、他の個体を支配しちゃう回路さえ作り上げちゃえば無敵なわけですよ。
そこに大きな個体は必要なく、自分の情報と回路さえあればいいわけで。
それこそ「自分の情報」と「他の情報」を以て新たな回路に出来る学習能力があれば
自動的に殖えていくわけです。
あれ、そんなに怖くない。

元々、メダルを発見した人々―メダロットは侵略者であると察していた―は、
もっと早い段階から、メダロットの目的が「己の増殖」と「他の種の滅亡」であると
踏んでいたのではないかと思っちゃいます。
メダロットが男型と女型があることにまで言及するのはちょっとうがち過ぎですが、
メダルに「殖える」目的があるのは分かっていたのではないかと。
つまり、「自分の情報」と「殖える」ことさえ出来ればいい極小のモノがある意味ですね。

元々、「殖える」ためだけに来たメダルに対して、メダル専用の「受け皿」を作った。
それがメダロットかも?という仮説です。
また、そうした形であえてメダルを増やすことで、絶滅に瀕した際の危機回避を
起こさないようにした?とか。
(危機回避=メダフォースととらえてもいいかもしれない)
もしくは、単純な好奇心や、人類の発展の為とか。


好奇心は人間の最大の武器であり弱点であるとどこかで見た。


追記を閉じる

【2010/04/06 00:45】 | 考察もどき | トラックバック(0) |


メダルの装着について
最近のBGMは「w W-B-X」とナムカプです。
前者は歌詞がメダロットと合ってる部分もあって、非常にかっこいい。

魂の擁護論を考えていたところ、不意にゴッドエンペラーの電気攻撃を思い出し、
メダルはティンペットに装着されるのではないかという結論に着地しました。
自分の思考の流れが分からない。

追記から、メダルの装着位置について。


以下は、ほんとに思いつきですが…。
ヒカルが、ゴッドエンペラーのメダルを無理やり取ろうとして電流を食らう場面。
あれって、メダロットのメダルが強制排出出来ないように、そういう仕組みに
なってるのではとふと思い付きまして。
ロボトルで決着がついたり、メダロッチからの信号に対してしか
メダルの離脱が出来ないように、保護されてるのかな、と思いました。
ここらへん、メダルのデータを保護するためかもしれない。
(パソコンみたいな)

もしくは、ゴッドエンペラーの行動を他人に停止させない、または
操者の意図した時にしか停止させないように装置がつけられたとか。
そもそもアニメはゴッエン作ったのヘベレケさんでいんだっけ…?
彼なら、自分以外の人間が無理やりメダルを外さないようにしかねないかも。
メダルはどこに装着されるのか。

まず、明らかに描写があるのがアニメ。
メダロットを転送した後に、背面にある
メダルをはめこんでいたり、ロボトル決着後にメダルが飛び出したりする描写があります。

これに異議を唱えたい。

まず、メダルの存在ですが、メダルはメダロットの脳であり、
メダルからの信号によってメダロットは動きます。
ですが、パーツはメダロットの表面、つまり外殻のようなもので、
実際にメダロットを動かすのはティンペットです。
3以降やnaviはそうでもないですが、初期のメダロットは
ティンペットにパーツを取り付けたような構造がほとんど。
(特に肩、腕部など)
また、筋肉となるマッスルケーブルはティンペットの一部分なので、
メダルから出た信号はティンペットに送られるはずです。

また、どの説明書かは確認出来てないですが、とあるイラストでは
ティンペットにメダルをはめこむ図解がされてます。
あとはエネルギーの効率性として、外殻が動くよりは骨格が動いた方が
より少ないエネルギーでより多くの動きが出来るのではないかと。
外殻が動くなら、内部は柔らかくしないとエネルギーが伝わらないんじゃないっけ…。
虫とか、カニとか。
省エネルギーであることはロボットとしてもかなり大事だと思う。
(メダロットは特によく動くし)
ついでに、メダルからの信号は電気信号だと勝手に考えてますが
肩部と腕部が離れてるパーツは信号届かないんじゃ…とか。

ただ、頭部パーツを付けて、さらにティンペットに装着するとなると
メダルの着脱がすごく厄介なことになるので、やっぱり転送の時点で
メダルも一緒に装着されてた方が便利かもしれない。


ここまで考えて限界。
漫画ではどうなったかも確認したい。
ついでにサブタイ確認したい。


追記を閉じる

【2010/03/11 00:35】 | 考察もどき | トラックバック(0) |


1話だけ
見てて考えたこと。

熱を削ぐ発言が多分に含まれています。なんかもうすいません。


最後、索敵の熟練度はまもるじゃなくておうえんだったよなぁー!!
色々2基準だったんですよね、懐かしい…!

あとイッキが棒読み…っていうか、きちんきちん台本読んでる感じだったり
キクヒメが可愛かったりで新鮮ですた。
そして竹内さんの安定感が半端ない。
ほんと、毎週きちんと見るって大事ですね。

全然関係ないけど、山崎さんと同じプロダクションに木内さんがいて
なんだかすごい納得してしまった。
最初のロボトル。
ドクタースタディなのに、ダメージ与えられてる。
加速による体当たり?
(Gのバトルシステムに近い感じか)
メダルはフェニックス。
…戦おうぜ、このメダルなら。

ペッパーキャットの装甲を削っているというイッキのセリフ。
漫画でヒカルがメタビーの装甲を堅くしていた、というのもそうだけど、
2のメダロットまでは自分でチューンナップ出来る感じなんですよね。
3以降でメダルも機体もがらりと変わったので、分岐点があるとしたら3かなぁ。
自分は登場メダロットについては、シリーズというか第2世代第3世代という考えをしてます。
ゲームに出てこないだけで、旧機体との互換性は無くなっていないと思う。
また、RR社もあるからティンペットは共通。
大きさや組み立ての問題もあるし、標準規格とか決まってそう。

デスボム→輸入品屋ですね、分かります。

メタビーが転送される時の光る球が跳ねるシーン。
メダロットの座標指定かなぁと思いました。
メダロッチで呼び出し→座標設定→衛星から転送、みたいな。

メタビー転送からの静止時間は、色々考えがあるんですが。
・メダロット起動に十分な電力が溜まるまでの充電期間
・旧式だったため、起動に時間がかかる
・レアメダルで一時的な休眠状態にあった

夢が無いですけど、当時からイッキのあの叫びが引き金になったとはあまり思ってないです、実は;
うつらうつらしてた時に、大声聞こえたから目が覚めたみたいな感じか?
そしてあれはレフェリー的にOKなのか…。

ロッカーズ戦はしかし、あれどう見ても格闘してるよねw
メダルは何だろう?
最初はデビルかと思ったんですか、シルエットが違うし。
そもそもブラックメイルかデスフェニックスかも分かんないっていう。
そうすると、熟練度で考えてクモやコウモリでもいい気がする。


まあ、基本考えがアニメはアニメ、漫画は漫画、ゲームはゲームなので
そんなに深く考えようとしたらショートすると思う。

設定資料集見て思ったんだけど、魂はほんとにキャラデザだけは引き継いでたんだなー。
(公式サイトの設定集参照)


追記を閉じる

【2010/01/30 00:15】 | 考察もどき | トラックバック(0) |


あけい こんにちは、ええとたしかはじめましてで良かったでしょうか。あけいこうと申します。


DVD発売、本当に待ち望んだ……という感じです!

一話のツッコミ、自分も本放送一話観たときに感じた事とほぼ一緒で懐かしいです。
当時声優情報とかは何もみてなかったのでメタビーが女性の声でしゃべったときは「!?」となった事も思い出したり…

このボックスがきっかけでまた色々な人のメダ熱が燃え上がると嬉しいですね!


それでは、実はキャンセルくらったりkonozamaくらったりで手元に来てないあけいこうでした……………

コメントを閉じる


ナパームの衝撃
「シポンッ」


割と物騒です。
えーと、まずミサイルとナパームの違いから。

簡単に辞書で調べたら、
ミサイル=誘導装置と推進装置を持つ投射兵器。
     両方の装置が搭載されていないと、ミサイルとは呼べない。
     ちなみに、推進装置だけのものはロケット弾、
     誘導装置だけのものは誘導爆弾というらしいです。

つまり、発射された後も一定の推進力を持ち、かつ目標に向かって攻撃できる兵器。

ナパーム=主燃焼材のナフサに粘稠剤(ナパーム剤)を混合したもの。
     基本的に上空から投下し、周囲に強烈な焼夷効果をもたらす。

基本的に推進力は持たず、攻撃対象を焼き払う兵器。
ついでに、ナパーム剤の原料はパーム油だそうな。
パームだからナパーム?


以上のことから、ミサイルとナパームのゲーム中のモーションや爆風などの効果は
結構リアルな感じだったんですね。
ガンの「シポン」も納得がいく…いや、ミサイルのままで良かったじゃん!?

どちらにしろ、ナパームは打ち出した後は落下しかないわけで、
ミサイルと同じ描写を求める方が酷だったのですね。
いやでもしかし…。


どうせなんで、他のについても妄想してみた。

1.格闘系
【継続】
・ファイヤー:延焼と、熱による継続ダメージ
・メルト:高熱媒体の付着による溶解で起こる継続ダメージ

【停止】
・サンダー:メダロットの電気系統が一時マヒすることで起こる停止
      メダロットの命令系統は微細な電気信号であると予想されるので、
      おそらく一時的なスリープ状態か再起動の状態
・フリーズ:氷結による運動機能の強力な停止
      溶けるまで動けない

【変動】
・バグ:メダロットの関節部などに微小な生物が入り込むことで発生する行動障害
    命令は正常だけど、精度が下がる
・ウィルス:メダロットの神経系に関係する、行動精度の低下
      命令がパーツに行くまでに、若干のノイズが入るというか

2.射撃系
【重力】
・プレス:外圧による圧縮破壊
     たぶんすごく重い弾
・ブレイク:内部からの破壊、たぶん外圧と内圧の差で破壊が起きる
      高圧縮弾みたいな?
      「よく分からないけどめきょってなる」のは外部からの視認が出来ないから

【光学】
・ビーム:光線による高エネルギー攻撃
・レーザー:ビームよりもエネルギーを収束させた、より高威力のエネルギー攻撃

あくまで、想像ですが。
こんな感じですかのう。


追記を閉じる

【2010/01/27 00:25】 | 考察もどき | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ